2010年06月16日

武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)

 プロレスラーの武藤敬司さん(47)が東京都港区で乗用車を運転中、歩いていた男性会社員(40)に接触する事故を起こしていたことが14日、警視庁麻布署への取材で分かった。男性は右ひざに軽いけがをしており、同署は自動車運転過失傷害の疑いもあるとみて調べている。
 同署によると、武藤さんは12日午後6時5分ごろ、港区麻布十番の駐車場にバックで車を入れようとしたところ、後方のバンパーが歩道を歩いていた男性と接触した。
 武藤さんは1人で運転しており、安全確認が不十分だったのが原因とみられる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕甦る興奮と感動 伝説の格闘家
嵐の二宮さん、自転車と衝突事故=交差点で、女性軽傷
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中
J2・横浜FCの三浦知が交通事故=けがなし、発進時に前車に接触
タレント八嶋智人さん追突事故=けが人なし

1玉20万円のご祝儀相場=でんすけすいか出荷が始まる―北海道当麻町〔地域〕(時事通信)
菅首相は山口出身宰相? 地元や中学はイエス、県や高校はノー(産経新聞)
【一筆多論】井伊重之 個別報酬開示は誰のため(産経新聞)
<雑記帳>競馬場で「本命当てちゃおう」婚活 盛岡(毎日新聞)
W杯、日本は何位? 「優勝」4.2%、奇跡を期待(産経新聞)
posted by イハラ トクオ at 11:13| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<東横イン>女性社員が労組結成 法令順守要求へ(毎日新聞)

 大手ビジネスホテル「東横イン」(本社・東京都大田区、約7000人)で、大阪府や兵庫県内のホテルのフロント業務を担当する20〜30代の女性正社員十数人が3日、「東横イン労働組合」を結成、同社に団体交渉を申し入れた。今後、「サービス残業中止や産休取得など、法令順守を求める」としている。

 労組によると、同社のフロント業務は大半が女性で勤務1回の拘束時間は連続25時間。契約上は仮眠が認められているが、実際には宿泊客への対応で仮眠は困難という。さらに出産・育児休暇を取るのは困難で、結婚や出産で退職に追い込まれるケースが相次いでいるという。

 委員長に就任した三田(さんだ)圭子さん(39)は「過去には労基署の勧告を受けて未払い賃金が支払われたことはあったが、すぐに元に戻ってしまう。改善を求めるには労組が必要だった」と話している。同社広報部は「労働法規を順守して、なすべき対応をしたい」とコメントしている。【日野行介】

 脇田滋・龍谷大教授(労働法)の話 過酷な待遇で若者を働かせる企業を労基署だけが監視し続けるのは難しく、労組結成はとても意義がある。他の企業への広がりも期待したい。

【関連ニュース】
淫行容疑:保育士を逮捕 愛知県警
東京都文京区:男性職員が初の育休取得 区長「うれしい」
記者の目:男の育児協業=中西拓司(生活報道部)
RIKACO:「仕事と子育てで充実」新婚に囲まれ強がる? 「ベストアサイーニスト」受賞
認証保育所

首相動静(6月4日)(時事通信)
<泡消火剤>未検定販売 3社が5製品計8000品自主回収(毎日新聞)
職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)
首相、東アジア共同体構想の取り組み表明 「米国の関与不可欠」(産経新聞)
都内や神奈川で被害総額3600万? 窃盗容疑で中国籍の男ら逮捕(産経新聞)
posted by イハラ トクオ at 14:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

未認定1人の却下処分取り消し=原爆症訴訟―千葉地裁(時事通信)

 被爆者援護法に基づく原爆症の認定申請を国が却下したのは違法として、広島県で被爆した千葉県の住民4人が国に処分取り消しや1人当たり300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、千葉地裁であり、堀内明裁判長(多見谷寿郎裁判長代読)は原告1人の訴えを認め、却下処分を取り消した。
 処分取り消しが認められたのは、中村恵美子さん(78)で、判決は、甲状腺機能低下症について原爆症だと認定した。
 一方、両眼白内障の岩佐幹三さん(81)については「老人性白内障である可能性が高く、放射線起因性があると認めるには合理的な疑問が残る」として、訴えを退けた。残り2人は既に認定を受けており、「訴えの利益は消滅した」として却下、賠償請求はいずれも棄却した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
原爆死没者名簿に「風通し」=26万3000人記載
被爆の実相、証言で訴え=原爆展が開幕-NY国連本部
核廃絶訴え行進=700万署名を国連本部に
核廃絶、連日の訴え=被爆者高齢化で募る焦燥-NY

日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
子ども時代の体験重要=やる気、生きがいと関連―青少年機構(時事通信)
哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認(産経新聞)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
福岡・芦屋町が組事務所購入、住民の不安対応(読売新聞)
posted by イハラ トクオ at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。