2010年04月07日

警察庁長官「再発防止策の徹底をはかる」 足利検証(産経新聞)

 足利事件の捜査に関する検証結果について警察庁の安藤隆春長官は、1日の国家公安委員会後の記者会見で、「誤って犯人でない方が長期にわたって刑に服されたことは、遺憾であり、申し訳ないと述べたい。今回の報告でさまざまな問題点が明らかになった。それをふまえた再発防止策の徹底をはかり、二度とこのようなことが起きないようにすることが大事だ。DNA鑑定の信頼性が確保できるよう各道府県警を指導していく」と述べた。

【関連記事】
警察庁、裏付け不足 「DNA型鑑定を過大評価」
足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現
「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述
菅家さん「謝って」 元検事、謝罪の言葉なし

サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
<学術会議>国に提言 若手研究者の待遇向上などに対策求め(毎日新聞)
「たま駅長」観光バス完成=側面や車内も、24日デビュー−和歌山(時事通信)
損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
posted by イハラ トクオ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。