2010年05月20日

ストーカー容疑で弁護士を書類送検 愛媛県警(産経新聞)

 愛媛県警生活安全企画課と伊予署は14日までに、嫌がる女性に付きまとうなどしたとして、ストーカー規制法違反の疑いで、愛媛弁護士会に所属する男性弁護士(41)=松山市=を書類送検した。同課によると、弁護士は女性に複数回メールを送ったことは認めているが「ストーカー行為ではない」と容疑を否認している。

 送検容疑は昨年1月、仕事で知り合った当時20代の女性が拒絶しているのに携帯電話で繰り返しメールを送り自分と会うよう要求、松山市内の路上で付きまとったとしている。弁護士は取材に「昨年1月に会った時、女性の振り払った手が自分の頭に当たり、謝罪を求めるメールなどを送ったのが問題になったようだ」と答えた。

【関連記事】
被害男性の孫娘、ストーカー被害 千葉放火殺人
責任の所在は… ストーカー殺人で妹を失った尾ノ井廣行さん
「知人」逮捕も過去にトラブル通報なし 動機解明急ぐ 日立の女性刺殺
ストーカーの罪で認否留保 ノエビア前副社長の初公判
ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ
少子化を止めろ!

<食品衛生法違反>疾病牛の内臓を販売 3容疑者逮捕 栃木(毎日新聞)
通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
<水道事業>東京都などが検討の海外展開 総務省が「OK」(毎日新聞)
孤立しやすい高齢者像を分析−内閣府の高齢社会白書(医療介護CBニュース)
桟橋方式の撤回求める=市民団体(時事通信)
posted by イハラ トクオ at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。